インプラントで気を付けるべき点について

インプラントの手術、治療において気を付けるべきこととは一体どういうことなのでしょうか。 長所よりも、リスクの方が気になるという方が多いので、ここで気を付けるべき点を説明しようと思います。

高齢者の方でも、基本は手術をすることは出来るものの、生活習慣病が悪化している場合は控えます。 骨の状態が悪い場合、時間が余計にかかる場合があり、症状がひどいと安定まで1年かかる場合があります。 骨が悪い場合でも時間をかければインプラントは可能なので出来ないというわけではありません。

成長期にある子どもはインプラントを行うことが出来ないので、注意が必要です。 インプラント手術というものは器具が骨と結合してしまう為、成長期の子どもは成長を妨げてしまいます。 男子の場合は18歳を過ぎた頃行うのが望ましいのかと思われますが、その他でしたら誰でも手術可能です。

インプラント手術を受けた人の中でしびれが残る人がいるという噂がありますが、実際にいるそうです。 手術において下顎管という部分を傷づけてしまった場合に起きる場合が考えられます。
下顎管には神経や、動脈、静脈が通っているため、ここに触れると傷がついてしまう場合があるのです。
しびれが生じた場合はインプラントを経過を見ながら抜いたり位置を変えたりする必要が生じます。
一度しびれが起きた場合、なかなかしびれが引くことがなく完全回復まで数年を要する場合もあります。
しびれの原因は手術ミスなので、手術なれしたお医者さんにかかればまず心配することはありません。

Comments are closed.