インプラント手術と素材について

ここではインプラントの手術について説明していこうと思います。

治療対象が歯であるといったものの、手術と聞いてしまうと恐怖感や不安を覚える人が殆どかと思います。 金属という本来体には存在しない物質を埋め込むわけですから人体への影響を心配する人もいます。

実際の話、手術の失敗や金属を埋め込むことによる体の影響はあるのかという面について説明していきます。 金属を入れることによる人体への影響という面に関してはまず心配はないと言っていいと思います。

インプラントで使う素材はチタンという金属と、アパタイトという鉱物になります。 これらは人体の中で健康的な面において全く影響が出ない物質であります。 インプラントの材料は厳重な品質検査や、その安全性が確認されてから現場に持ち込まれます。 何か特別な障害が起こりえないとは100%言えませんが、基本的に安全と考えていいと思います。

手術に関してですが、きちんとした実績がある病院であれば失敗という面に関して心配はありません。 CTによってあごの骨の立体的な画像を作り、骨の形や硬さ、神経の位置などを熟知した上で行います。 インプラントは普通の手術のように臓器にメスを入れるようなものではありません。

あごの骨に、インプラントを植え込むものですので、慣れた医者にとっては手術というより作業です。 想定外の問題が起きた場合も、そのリカバー方法や手順は確立されているので、その辺の心配もありません。

日本ではインプラントの術後に生態的な異常が現れたという事例は存在しません。

Comments are closed.