矯正歯科医院に通う大人が増えています

きれいな歯並びは笑顔も美しく見せてくれますし、自分に自信を持って過ごすことができます。でも、実際は歯並びにコンプレックスを感じている人が多いのが現実です。そんな中、最近は大人の方も矯正歯科医院に通う人が増えているという話を聞いたことがあります。大人になってから矯正治療を受けるのは遅いかもしれないと考える人もいるかもしれませんが、実は大人は顎がしっかり成長しているため、お子さんと比べて治療計画が立てやすかったり、歯並びが整うことで虫歯や歯周病の予防にもつながるんだそうです。今は目立ちにくい装置を使うなど、他人に気付かれずに矯正治療が受けられるようになったので、歯並びを改善したい大人でも矯正治療が受けやすくなっています。矯正歯科医院ではカウンセリングも行っていますので、歯並びに関する悩みを抱えている場合は、大人の方も気軽に受診すると良いでしょう。

矯正歯科医院のことも知っておくこと

ほとんど親は、子供が小さい間は虫歯がないかどうかきちんとチェックします。これを怠る親はいないと言ってもいいでしょう。しかし、歯並びが良いか悪いかを気にしてあげる親はあまりいません。虫歯と共に歯並びも非常に重要で、歯並びが悪いと子供の将来に悪影響を及ぼすこともあります。小さい間は、少々歯並びが悪くても子供は気にしません。と言うか、自分が歯並びが悪いかどうかなんて分からないです。しかし、成長するにつれて、歯並びの悪さは分かってきます。コンプレックスに感じ、消極的な性格になってしまう可能性も高いです。そうならないために、親は虫歯のチェックだけでなく、歯並びもしっかりチェックしてあげましょう。また、一般の小児歯科だけに詳しくなるのではなく、矯正歯科医院のことも知っておくことです。子供のためと考えましょう。

矯正歯科医院に行く日を忘れることもある

子供の矯正治療を成功させるためには、お父さんとお母さんはもちろんのこと、家族全員の励ましと協力が必要不可欠です。矯正治療が始まると、月に一度は矯正歯科医院に通わなくてはいけません。学校や塾、クラブ活動などで忙しいと、通院日を忘れてしまうことがよくあります。当然、治療の進行に支障が出ます。そう言うことにならないために、家族も子供の通院日を把握しておきましょう。前日には一度伝えてあげることです。当日に伝えると、子供が忘れていた場合、バタバタしてしまいます。何事も余裕が必要です。また、子供が小さい場合、矯正装置をつけているとうまく歯が磨けません。それでは、矯正装置の中に歯垢がたまって虫歯になってしまいます。虫歯になると、矯正装置を外して虫歯の治療をしなくてはいけません。歯磨きは手伝ってあげましょう。

Comments are closed.